【SBI Japan Day 15周年記念レポート】のご案内

*****************************************************************
ロボタクシーとロボ配送の未来
*****************************************************************

世界中で政治主導の変化が誘発され、EV時代の覇権をめぐる競争がにわかに熱を帯びてきました。
今後数十年かけて普及が進む電気自動車化、そして同時に進行する自動運転化は、車というハードウェアの変化や、移動サービスに地殻変動をもたらすだけでなく、充電、HEMS関連サービス、MaaSオペレーションなど産業界を幅広く巻き込んだエコシステムの再編を引き起こしていくと言われています。
このIT×エネルギー×移動が絡み合って進む大変革は、非常に複雑かつ大胆なエコシステムの再編を引き起こして生活者を取り巻く構造を大きく変え、様々な事業機会が生まれる可能性を含んでいます。
しかし、この新しい機能を持った移動具やサービスが生活者の身近な存在として受け入れられていく道程には幾つものハードルが待ち構えており、そこには無限のパラレルワールドが存在することを忘れてはなりません。誰かが語る夢のようなサービスもまた、その外的環境の影響を受けていくのです。

弊社は、このような不確実性に対峙するクライアントのために、未来のクルマや交通システムに関して、3つの未来シナリオを更新しました。

このプログラムは・・・

この未来シナリオを用いて、ロボタクシーとロボロジスティックスの未来の発展可能性について考察し、弊社の知見を加えたレポートとして共有するクライアント相乗りプロジェクトです。
所有の意識、技術開発の進展、公共交通の利用形態など、様々な要因が絡み合って変化していく環境の違いが、アプリケーションの未来にどのような幅をもたらすのかを理解するレポートが提供されます。

今回はJapan Day開催15周年を記念し、セッション参加権を付与しました。ご参加者には単純にレポートを受け取るだけでなく、弊社が準備した3つの異なる未来観に身を置いて議論する機会を弊社スタッフと共有して頂き、脅威と機会が生じる可能性についても多角的な理解を得て頂きます。こうした経験に基づく知見は、自らの商品・サービスを考察する上でも重要な手掛かりを与えに違いありません

サービスの概要

自動運転が実現するヒト・モノの移動の多様な可能性について、弊社が構築した複数の未来観(シナリオ)を使って分析し、背景情報と共にレポートを作成します。今回は特別に、Japan Day 2019に参集される日本企業の皆さまを対象に、弊社専任スタッフによるブレインストーミングへの参加権もつけて提供します。右の「資料」のボタンからパンフレットがダウンロードできます。

 

Premium Session

日時: 2019年10月23日(水) 午前9時~午後4時半
会場: SRI Internationalキャンパス内 Strategic Business Insights, Inc.本社会議室
所在地:333 Ravenswood Avenue Menlo Park, CA USA

 

トピック

ロボタクシー、ロボロジスティックスの未来
2035年における、大都市部におけるヒトとモノの移動を司る移動具とサービスの形

費用/申込

US$9,000(電子レポートとセッション参加者1名)

申込は右の「R」のボタンからお一人ずつお願い致します。またご質問は高内( atakauchi@sbi-i.com )までメールにてお願い致します。その際はお名前、メールアドレス、お電話番号をご連絡下さい。