Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch

 


Scan™ 最新レポート


Scanプログラム会員の皆様は、2003年5月より全ての Signals of Change の全文日本語と、2002年3月以降に発刊された Insigts の日本語サマリーを、PDFドキュメントとしてダウンロードして頂けるようになりました。

下記の一覧表の項目をクリックして、各項目のアブストラクトへ進み、それぞれのページの最下段にあるリンクから、ダウンロードできますのでご利用ください。

※Scan(旧Business Intelligence Program) のレポート検索は こちら です。

 

2019年8月号
Signals of Change
SoC1101

メッセージングとフレーミング

SoC1102 孤独:社会に与える影響
SoC1103 フェイクニュースの力学
SoC1104 ビッグデータの限界に注意
SoC1105 ロボット農業
SoC1106 人とマシンの協業に必要なスキル

Synopsis 2019-08 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1381 中国の物議を醸す統制
P1382 新しい食用タンパク質の経済性
P1383 ブロックチェーンの主流化
P1384

「オープンな」プラットフォーム

P1385 ハイブリッド推進技術の変遷
P1386 遠隔操作
P1387 セルフガバナンス
P1388 AIが負うべき過失責任
P1389 ロボット:進化はしたが、まだ十分でない
P1390 医療分野のプロシューマー
P1391

インフラの保護・保存

P1392 建造物のバイオマテリアル

 

2019年7月号
Signals of Change
SoC1095

新世代の若年成人

SoC1096 プラスチックと廃棄物について再考
SoC1097 バッチサイズ 1 −カスタマイズ生産の進歩
SoC1098 自律走行車の隠れたコスト
SoC1099 スプリンターネット
SoC1100 気候変動と人生のささやかな贅沢

Synopsis 2019-07 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1369 フェイクビジュアル
P1370 飲食品小売業の効率化
P1371 うつ病への取り組み
P1372

サービス用ロボット: 様々な商機あり

P1373 追跡という名の狡猾な約束
P1374 フェイクとの闘い
P1375 ファッションのビジネスモデル
P1376 望まれる支援技術
P1377 廃棄物管理の推進
P1378 音は進展することを好む
P1379

機械が学ぶことを学習している

P1380 AIが人間に与える影響

 

2019年6月号
Signals of Change
SoC1089

ARとVR:次世代エドテックを担う?

SoC1090 包括的なインターフェイス
SoC1091 炭素回収という新しいビジネス機会
SoC1092 アルゴリズムの歪み
SoC1093 地下のマッピング
SoC1094 バリューチェーンの最上位に立つオートメーション

Synopsis 2019-06 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1357 GDP: 「グローバルな累積債務問題」という意味?
P1358 関与の仕方
P1359 誤情報の綱引き
P1360

空の目(その他どこにでも)

P1361 職人技の自動化
P1362 非侵襲的医療診断
P1363 ファッションの今後
P1364 高度な投薬と治療
P1365 様々な規模で動くロボット
P1366 自動化する化学
P1367

自律システムと人間の介入

P1368 AIの問題をはらんだ潜在能力

 

2019年5月号
Signals of Change
SoC1083

経済格差:続く懸念

SoC1084 地図とナビゲーション・アプリの機能拡大
SoC1085 データ・アナリティクスの制約
SoC1086 AI対応のセンシング
SoC1087 変化するモデリングとシミュレーション
SoC1088 急伸する研究開発

Synopsis 2019-05 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1345 Amazonの拡大し続ける間口
P1346 新たな人的資源
P1347 米国の不動産の社会経済的現実
P1348

データのプライバシーについてステークホルダーの意見の一本化

P1349 問題に直面する生体認証監視
P1350 情報戦に関する見解
P1351 高度センシング技術が新たなやり取りを可能に
P1352 生体適合性のある3Dプリント
P1353 生産力のある廃水
P1354 米国の教育費:再検討
P1355

インフラメンテナンスロボット

P1356 海洋の温暖化

 

2019年4月号
Signals of Change
SoC1077

食品品質を確保する

SoC1078 日常生活に健康管理を組み込む
SoC1079 音声インターフェースと通信
SoC1080 抗生物質耐性と闘う
SoC1081 自動運転車の情勢:人的要素
SoC1082 気候変動と食糧供給

Synopsis 2019-04 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1333 位置、位置、位置
P1334 Facebookとの愛憎関係
P1335 音声インターフェースの普及
P1336

降ろしたり乗せたりのロジスティクス

P1337 インドへの関心
P1338 EV車の充電
P1339 従来のVCの通念への挑戦
P1340 ブロックチェーン実用化への長い道のり
P1341 都市交通への取り組み
P1342 修理、改造、用途変更
P1343

聴覚支援

P1344 マイクロバイオームに作用を及ぼす

 

2019年3月号
Signals of Change
SoC1071

スコアをスコア付けする

SoC1072 EVが引き寄せる自動車業界への新規参入
SoC1073 無人自動車の展望 ‐ 業界に及ぼす影響
SoC1074 進化するバイオ製造
SoC1075 人とロボットの労働環境
SoC1076 ヒューマン−マシン・インターフェースの移植

Synopsis 2019-03 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1321 新たなデジタルデバイド
P1322 データ規則: 押し寄せる波かハリケーンか?
P1323 ニューロダイバーシティの容認
P1324

再生可能エネルギー適応の経済性

P1325 サービス業務の自動化
P1326 イノベーションの普及
P1327 排せつ物のクリーンアップ
P1328 眼がそれを持っている
P1329 表面のスマート化
P1330 快楽麻薬の多様化
P1331

廃棄物の資源化

P1332 変わりゆく地球

 

2019年2月号
Signals of Change
SoC1065

オートメーションではなくオーグメンテーション

SoC1066 ロボティクスを身に着ける
SoC1067 ヘルスケアの問題をケアする
SoC1068 自律アプリケーションと人間
SoC1069 ユビキタス・インターフェースと常時インタラクション
SoC1070 群れをなす小型ロボット

Synopsis 2019-02 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1309 成長期
P1310 デジタル化の痛み
P1311 中国によるエレクトロニクスの支配を危惧する
P1312

EVの普及

P1313 フレキシブルな労働力
P1314 自動化と歩調を合わせる
P1315 ベンチャーキャピタルの流れ
P1316 民間企業の大気汚染対策
P1317 遺伝子工学/情報に関する懸念
P1318 車の意図的なコミュニケーション
P1319

製品の使用による行動データの提供

P1320 プラスチック問題

 

2019年1月号
Signals of Change
SoC1059

(プ)レビュー2018/2019:データとプライバシー

SoC1060 (プ)レビュー2018/2019:変化しつつある諸分野
SoC1061 ロボットの現実
SoC1062 仮想現実による恐怖症の治療
SoC1063 新エンジニアリング素材:カーボンの闘い
SoC1064 分散化の取り組み

Synopsis 2019-01 (チャート)

Patterns (全文英語版PDF版は、英語版Synopsisからご覧頂けます。)
P1297 何でも捏造
P1298 若者とデジタルメディアとの関係
P1299 デジタルメディアでの綱引き
P1300

AIがハイプサイクルの頂点を通過しつつある

P1301 新型保険に新たなウェアラブル
P1302 中国の画策への対抗
P1303 ウェアラブルな機能
P1304 交通トラブルへの取り組み
P1305 デバイス群を機能させる
P1306 建設業界の近代化
P1307

列車の新しいコンセプト

P1308 人間が機械に順応する


お分かりにならない点などございましたら、ここをクリックして ご遠慮なくお問い合わせください。

※Scan(旧Business Intelligence Program) のレポート検索は こちら です。

2018年分は、こちら からどうぞ。
2017年分は、こちら からどうぞ。
2016年分は、こちら からどうぞ。
2015年分は、こちら からどうぞ。
2014年分は、こちら からどうぞ。
2013年分は、こちら からどうぞ。
2012年分は、こちら からどうぞ。
2011年分は、こちら からどうぞ。
2010年分は、こちら からどうぞ。
2009年分は、こちら からどうぞ。
2008年分は、こちら からどうぞ。
2007年分は、こちら からどうぞ。
2006年分は、こちら からどうぞ。
2005年分は、こちら からどうぞ。
2004年分は、こちら からどうぞ。
2003年分は、こちら からどうぞ。

※Scan(旧Business Intelligence Program) のレポート検索は こちら です。

       

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website