Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch

 


Synopsis 2011-01

 2010年12月1日のScan(TM) Meetingでは、3つのテーマ領域を明らかにした。いずれも異なる分野間の共通する部分について述べている。情報技術と法律に関する考察が交わる部分は、情報技術、ソーシャルメディア、新しいカメラ・アプリケーションの法的な問題に触れ、さらにそれに関係する知的所有権やプライバシー問題についても触れている。商業と環境に関する考察が交わる部分は、再生可能なエネルギー資源の商業的及び技術的な不確かさ、生態系に金銭的価値を与えるための取り組み、高い環境意識を持って育った世代が将来市場に与える影響に焦点を当てている。経済と社会に関する考察が交わる部分は、イノベーションに対するインセンティブ、無形物に対する値付け、NGO組織や団体の役割、人口集団の思考態度など幅広い課題を取上げている。

各レポートとも全文をご覧になるためには、Scanプログラムの会員権が必要になります。

ご関心をお持ち頂いた方は、こちらからお問い合わせ下さい。
なお、このプログラムで配信される全てのレポート群に関する情報は、こちらにございます。

 情報技術と法律に関する考察が交わる部分について述べるパターンは4つある。P0145「法律がITに追いつくか」は、急速な変化に遅れまいとする規制側の努力とその潜在的な問題点を概説する。P0147「ソーシャルメディアでスパイ活動」は、ことによると疑わしい方法で情報を分析し利用しているソーシャルネットワークの新しいアプリケーションを明らかにしている。P0148「プライバシー保護のアプローチ」は、個人のプライバシーを守るための2つの相反するアプローチを並列して紹介する。P0155「高機能カメラのアプリケーション」が注目するのは、テクノロジーの進展と、アプリケーションが暗示するプライバシー関連の課題だ。

 商業と環境に関する考察が交わる部分には、3つのパターンがある。P0146「再生可能エネルギーなら大丈夫?」は、再生可能エネルギー資源は、各国や消費者のエネルギー安全保障を増大させるとの仮説を疑問視している。P0151「環境を評価する」は、生態系や天然資源を経済的見地から意味のある方法で評価する例を示している。P0156「エコ・ネイティブス」は、若い世代を取上げ、潜在的にこれまでとは異なる彼らの環境の価値との関係を取上げる。

 経済と社会に関する考察が交わる部分は、5つのパターンからなる。P0149「イノベーションへの投資の回避」は、先進国による高リスクのイノベーション関連の商機への先行投資が不安をはらむ展開となることに焦点を当てている。P0150「値札をつける」は、経済的には意味があるが、評価が難しいさまざまな社会活動に値段をつけようとする試みを挙げる。P0152「善意のパートナーシップ」は、さまざまな理由から慈善団体やNGOが企業にとって魅力あるパートナーになりうることしている。P0153「既存企業を迂回する」は、ある市場セグメントが制度的アプローチに依存せず、個々にまたは共同で進める問題解決に向けたアプローチを紹介している。P0154「心理的安定のためのコスト」は、安定に対する心理的な希望が与える負の効果について社会の幅広い観点から考察する。

 

 

 


     

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website