Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch

Scan Resource Abstract

タイトル パーベイシブ・コンピューティングのゲートウェイとしてのコミュニケーション
番号 D03-2424
原題

Communications as the Gateway to Pervasive Computing

出典 Insights
著者 Carolyn E. Sleeth
発行年 2003年
発行月 4月
Scan Monthly No. SM002
内容

 パーベイシブ・コンピューティングとは情報技術とネットワーク環境が融合したもので、誰でも・いつでも・どこでもコンピュータを利用できる状況を意味する。パーベイシブ・コンピューティングは漠然としたまとまりのない概念だが、商業的発展につながる要因や用途などに着目すれば、その進化の過程を予測することが可能だ。

 レポートの著者によれば、パーベイシブ・コンピューティングが早期に実用化されるのは通信分野だという。この分野では消費需要が旺盛のうえ、実現技術にも進歩がみられるからだ。

 ワイヤレス・ネットワークの急速な普及は特に注目すべき要因であり、生産性向上につながるとの期待から、個人・法人共に導入が進んでいる。コンテクスト・アウェアネスに発展する可能性を秘めたコラボレーション・ソフトウェアの登場も、今後にとって有望な要素だ。この種のツールは他のユーザーの利用環境や通信状態などを識別でき、例えば相手が現在オンラインかオフラインかを表示するほか、オンラインになったときには知らせてくれる。

 パーベイシブ・コンピューティングを巡る変化を主導するのは無線LANとコラボレーション・ソフトウェアと考えられ、両者はこの分野に短期的にも長期的にも影響を及ぼすことになろう。
(8ページ)(著者:Carolyn E. Sleeth)


キーワード コンピュータネットワーク(Computer Netwoorks)、コミュニケーション(Communications)、インターネット(Internet)、情報技術(Information Technology)
以下のサービスは、会員権をお持ちの方のみ閲覧が可能です。
ID・Passwordがご不明の際はご連絡ください)
サマリー
(日本語)
こちらをクリック。(全文は英語のみの提供となります)
レポート
(英語)
こちらをクリック

← レポート検索へ戻る
← 最新レポートのリストへ戻る

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website