Strategic Business Insights What's New Service About SBI Contact Us 最新レポートSearch

 
Scan Resource Abstract

タイトル 「馴染みがあること」の危険性
番号

SoC510

原題 The Dangers of Familiarity
出典

Signals of Change

著者

David Sleeth-Keppler

発行年 2011年
発行月

5月

内容

 「馴染みがある」ということは、どんな社会においても魅力的なものだ。しかし、最近の調査やビジネスの現場、文化環境での事例に目を向けると、「馴染み深さ」だけに基づく選択には、大きなマイナス面があるようだ。
                        

SoC全文
(日本語)

こちらをクリック。

SoC全文
(英語)
こちらをクリック。

← レポート検索へ戻る
← 最新レポートのリストへ戻る

Copyright (C) 2009-2013 by Strategic Business Insights. All rights reserved. Unauthorized use or reproduction of all or any part of this document is prohibited. webmaster@sbi-i.com English Website